子育てと仕事の両立で罪悪感を感じる気持ちをバッチフラワーレメディで癒す

子育てと仕事の両立は大変

働くママ(ワーママ)なら、一度は感じたことがあるだろう、

「罪悪感」…。

  • 仕事ばかりで、子どもとしっかり向き合えていない
  • 他の人は残業しているのに、保育園のお迎えがあって、残ってお手伝いできない
  • 外食やスーパーのお惣菜、冷凍食品に頼ってばかり

などなど、数えあげればきりがありません。

でも、本当に罪悪感を持たなければならないのでしょうか?

考え方を変えると、ちょっと楽になる

  • 働くママの元でも、子どもはちゃんと育つ!逆に、過保護になりすぎるのも、子どもの成長にとって、害になる場合があります。
  • 今は残業できないけれど、逆に言えば、時間内にテキパキと仕事を片付けるためのスキルは磨かれているし、逆の立場になったとき、ご恩返しをすれば良い。
  • 外食やスーパーのお惣菜、たまにはいいじゃないですか!専業主婦だって利用していますよ。

だけど、それでも、疲れていると、ついつい、

「私が仕事してなければ、もっと子どもと遊んであげられるのに。

もっと、勉強をしっかりみてあげられるのに。」などと

落ち込んじゃうこと、ありますよね~。分かります。

本当に、毎日、自分の時間も無く、家族のために必死、

職場でも、迎えの時間までになんとか仕事を終わらせられるよう、

必死に頑張っているママたち。

責任感が強くて、頑張っているあなただからこそ、そんな気持ちになってしまう。

そんな風に、マイナスな気持ちに傾いているあなたの気持ちがちょっと楽になる、

おすすめな自然療法があります。

それが、バッチフラワーレメディです。

バッチフラワーレメディとは

バッチフラワーレメディとは、1930年代、ちょうどストレス研究が始まった頃、

イギリスのエドワード・バッチ博士が開発した、自然療法です。

38種類のマイナスの感情に対応したレメディがあります。

その時々で、自分の感情を見つめ、合ったレメディを組み合わせたりして

自分の気持ちを自分で癒していくことができます。

特徴としては、

  • 副作用がない
  • 依存性がない
  • 新生児からご老人、ペット・植物など誰にでも使えます

玉ねぎの皮を外側から剥いていくように自分の気持ちを癒していける療法なので、

過去のトラウマなどの辛い感情にいきなり向き合う必要がないです。

レメディを理解できれば、コンサルタントやセラピストに

頼らなくても、自分で自分の気持ちを癒していくことだってできます。

もちろん、自分で全てのレメディを集めるのは高額ですし、自分の感情に気づくのは、慣れないと難しいところがあるかもしれませんので、実際は、セラピストに相談しながら、ボトルを作ってもらう方も多いでしょう。

イギリスではメジャーな療法

このバッチフラワーレメディ。

怪しい。本当に効き目があるの?

と思われた方もいらっしゃるかも。

分かります。こうしておすすめしている私も、最初は半信半疑でした。

でも、大丈夫です。

最近では、

  • お二人のお子さんの母でもある、モデルの道端カレンさん
  • ビクトリアベッカムさん
  • 英国キャサリン妃

などの方も、バッチのレメディを愛用されています。

キャサリン妃は、ロイヤルウエディングの前日に、緊張を和らげるレメディを

摂られたとか。

全世界が注目していましたから、緊張なさるのも当然ですよね。

お膝元のイギリスでは、救急車でも、救急隊員がレメディを使うなど、

かなり国民に浸透している、メジャーな療法なのです。

パインについて

さて、その中の「パイン」というレメディが、あなたの中にある「罪悪感」

という感情を癒してくれます。

パインの和名は、「松」。

なんだかあのチクチクした松葉が、自分自身を刺しているかのようです。

このレメディをとって、期待される状態としては、

自分を受け入れ、尊重し、自分に対して過剰にネガティブな判断を

しなくなります。

バッチフラワーレメディの摂り方

それでは、摂りたいレメディが決まったら、以下の手順で、レメディボトルから希釈して、マイレメディボトルを作ってみましょう。

【材料】

  • 煮沸消毒したスポイト瓶
  • ミネラルウォーター30ml
  • お好みのレメディ

【作り方】

① 煮沸消毒した容器に、ミネラルウォーター30mlを入れる

➁ ①にお好みのレメディ(ここではパイン)を2滴入れる

③ 毎日4回以上、飲み物などに4滴ずつ垂らして飲む

※保存のために、ブランデーを5ml入れてもOKです。

※冷蔵庫など、涼しい場所に保管し、早めに使いきりましょう。

もし、あなたが飲んでいる最中、辛い気持ちになってしまうのなら、

無理にこの感情と向き合わなくても大丈夫なので、飲むのをやめて、

他に合ったレメディを選択しましょう。

心と身体はつながっている

いかがでしょうか?

心と身体は繋がっています。

心がマイナスに傾いているときは、身体にも不調が現れます。

ですから、心を整えるということは、あなたの毎日を健やかで健康に

するために、とても大切なことなのです。

バッチフラワーレメディには、他にも色々な感情に対応したレメディが

ありますので、あなたにおすすめのレメディを

少しずつご紹介していけたらと思っています。

あなたの気持ちが軽くなり、日常に少しずつ癒しと健康が訪れますように。

愛知県豊明市の隠れ家サロンひだまりでは、バッチフラワーレメディのレメディセットをご用意しており、セルフケアの範疇でご利用いただくことができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。
気持ちすっきり、前向きに生きたい人の心の相談室

Related Entry

どうしてうちの子ってこうなの?と悩んだら

人生は思ったとおりになるからこそ、バッチフラワーレメディでセ...

親子講座【子連れOK☆天然素材のハンドクリーム】

バッチフラワーレメディについて

自然の中で育む子どもの成長と親子の大切な時間

朝子どもが起きない