森の癒しを感じ、魂が歓びました

先日は、森と魂のセラピスト飯田みゆきさんによる、「森林療法セルフケア☆リトリートin富士山静養園 森と自分の調和について考える2日間」に参加してきました。

もともと、自然が好きなわたし。

森林療法には興味があり、今回一年越しで念願叶い、やっと体験することができました。

言葉に出してしまうと陳腐になってしまいますが、感動・感謝・調和・安心感を感じ、満たされるというか、「魂の歓ぶ旅」でした。

そこで学んだこと、感じたことなどのレポートをしたいと思います。

飯田みゆきさんのご紹介

まずは、このリトリートを企画してくださった、飯田みゆきさんのご紹介から。

森と魂のセラピスト 飯田みゆきさんは、薬剤師さん・私も所属している日本メディカルハーブ協会のハーバルプラクティショナーでもある、森林療法の専門家です。

●薬剤師/漢方薬・生薬認定薬剤師講習修了
●JAMHA認定「ハーバルプラクティショナー」
●全国森林レクリエーション協会認定「森林インストラクター」
●NPO法人日本森林療法協会認定「森林セルフケアサポター」

(飯田さんホームページより引用)

そんな健康への科学的なアプローチにもとても詳しい飯田さんですが、その他にも、

●ドルフィンスターテンプルFSP3修了「認定ヒーラー」
●グラウンデイングコーチ養成コース第5期修了

の資格もお持ちで、心と身体、だけではない、「魂」の癒しまで、実践されています。

まさに、私もこれから目指し、実践していきたい方向性です。

今回、ずっと一緒に過ごさせていただいて、ときおり見せられる表情や目の輝きに、なんて美しい方なんだろう、という印象を持ちました。

飯田みゆきさんのブログ「森の癒し&幸せになる力のヒミツを探る~森と魂のセラピストブログ」はこちらから。

森林療法とは?森の癒しとは何?

森に行けば、誰しも、川のせせらぎ・鳥の声・木洩れ日など、何となく「癒される」「気持ちよい」という感覚を持つのではないでしょうか?

今回は、一歩踏み込んで、なぜ良いのか?というお話しもうかがうことができました。

森林療法とは

「NPO法人日本森林療法協会」の定義によりますと、「森林療法とは、健康のために森林を活用すること」だそうです。
森林での活動

  • キノコ狩り
  • 登山
  • キャンプ
  • 自然観察

などと、
健康のための活動

  • 食事
  • 運動
  • 休養
  • アロマセラピー
  • ハーブ

などの両方が重なり合う分野が森林療法です。

フィトンチッド

ロシア語の「フィトン」(植物)と「チッド」(殺す)という2つの単語を合わせた造語です。

殺す、なんて おだやかではないですが、植物は、虫や病原菌などの外敵から自分の身を守るために、このフィトンチッドを発散しています。

このフィトンチッド、森に漂う香り成分のことで、人間にとってはこれが不思議と心地よく、心と身体に働きかけることが分かっています。

この香りを植物からぎゅっと濃縮して健康やリラクゼーションのために使うのが、アロマテラピーの分野ですね。

アスファルトに囲まれた、現代社会に生きる私たちには感じにくいかもしれませんが、人間も自然の一部なので、こうして森との共存ができるよう進化してきたのかもしれませんね。

1/fゆらぎ

1/fゆらぎとは、規則正しさと不規則さが丁度よいバランスで調和したパターンのことで、リラクゼーションを感じることができます。

例えば、

  • 小川のせせらぎ
  • 木がゆれる様子
  • 木洩れ日

などです。

この1/fゆらぎ、人間にもあります。

  • 心臓の鼓動
  • 歌声
  • 瞳のゆらぎ

だから、自然に行くと、心地が良いのですね。

その他、森林療法のエビデンス

その他にも、

  • ストレスホルモンの減少
  • ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性化
  • 生理的にリラックス

などの効果があることが研究されています。

森林療法のワークってこんな感じ

森林の癒しについて、何となくお分かりいただけましたでしょうか。

次は、実際に、どんなことをするの?っていう疑問にお答えしようと思います。

色々な方法があると思いますが、今回のリトリートで体験したことの一部をレポートです。

森林療法のワーク具体例

五感をひらくワーク

森の中で、好きな方向を決めて立ち、目をつぶります。

五感を使って森を感じます。

  • 川のせせらぎ
  • 森の香り
  • 頬をなでる風
  • お日様の温かさ、まぶしさ
  • 足の裏の草や石ころの感覚

などなど、目を閉じるだけで、普段は感じられなかった繊細な感覚をとらえることができました。他の参加者の方の感想を聞くのも、はっとしました。

二本の水の流れがありましたが、その違いなども聞き分けられたり、いかに普段、視覚優位になっているかを、感じられました。

自分の中の、野性的アンテナが鋭敏になったような感じです。

グラウンディング

先ほどは、森を感じるワークでしたが、これは、自分の中を感じ、意識を向けるワークです。

好きなところを見つけて立ち、ひざは少しゆるめ、目を閉じます。

頭~胸~骨盤の中~ひざ~足の裏 というように、どんどん自分の中に意識を向け、感覚を感じていきます。

途中、胸から骨盤の中までは、蛍光管のようにつながりを感じ、チャクラを整えます。

最後、足の裏からは、地球の中心まで突き刺さるようなイメージを持ちます。

ヨガのボディスキャンにも似ていますが、森林の中でやるのは、格別でした。イメージでは、本当に地球の中心まで刺さりましたよ。

好きな木の間をくぐり抜けるワーク

二本、好きな木を決めます。

そしてその間にドアがあるのをイメージして、くぐり抜けます。

ドアを通り抜けたら、その後、その二本の木を観察します。

これを何度か繰り返します。

好きな木、なんて、あまり意識したことがなかったのですが、そういう目で見てみると、どの木も個性的で、今まで、「森」だったまとまりが、個の集まりとして、生き生きと見えました。

好きな木は、自分の投影で、繰り返す度に、自分との対話があったように感じました。

富士山静養園について

今回のリトリートで、使用させていただいた施設は、富士山麓にある「富士静養園」さんです。

あの統合医療の世界的権威であるアンドリューワイル先生に直接薫陶を受けられた、山本竜隆先生が、統合医療を実践すべく、自ら土地を探し、山を買って作られた施設です。

丁寧に清められ、おもてなしの心を感じ、本当に居心地の良いところでした。

富士静養園で楽しめること

移築した古民家で宿泊

宿泊するお部屋は、古民家を移築した建物。園内のインテリアや建具なども、落ち着きがあり、山本先生のこだわりが感じられました。

食事のスペースには、薪ストーブもあり、散策で冷えた体を温かく迎えてくれました。

満天の星とご来光

今回のリトリートでは、非常に天候に恵まれて、雲ひとつない夜空の中、満天の星と、富士山から昇る朝日を、極上のロケーションで堪能することができました。

ここでは、地元、富士宮にお住いの参加者の方でも、驚くような絶景を観ることができます。

星空を眺めているだけで、自然と感謝の涙があふれ、ご来光には、パワーをいただきました。

富士山の湧き水

園内には、かつてワサビ田があったところもあり、富士山麓の湧き水が豊富に湧き出していました。

一口飲んでみたところ、本当に美味しくて、ずっとごくごく飲んでいたいような感じでした。

地元のお野菜を使って作られたお食事

山本先生の奥様が作ってくださるお食事は、地元のお野菜がふんだんに使われていました。お豆腐など、お豆をたくさんいただけたのも、嬉しかったです。

すべて、慈愛に満ちた優しいお味で、体に染み入るよう。まさに静養するのに、ぴったりの味でした。

普段家にいるときは、ついつい食べ過ぎてしまったりするのですが、ここでは、一口一口を楽しみながら、マインドフルネスなお食事が実践できました。

山本竜隆先生のお話し

一日目の夜には、山本竜隆先生から、直接自然欠乏症候群などのお話しについて、うかがうことができました。

間近でお話しを伺い、直接質問にも丁寧にお答えいただきました。

今回の旅では、山本先生に直接お会いできたこと、統合医療を実践されている方しかできないお話しを聴けたこと、そのお人柄にふれ、暗黙知も吸収できたことも、とてもとても大きな収穫でした。

参加者同士が仲が良くなれる

森が好き、自然が好き、という仲間が集まっていましたので、年代もバラバラでしたが、言葉にしなくても分かり合える、という感じが心地よかったです。

たった一泊なのに、色々と深い経験を共有したせいか、初対面だったのにも関わらず、最後はハグして、別れを惜しみ、再会を誓い合いました。良いご縁がつながり、忘れられない旅になりました。

こういう体験は、「観光」では、味わえない感覚だと思います。

これは、飯田みゆきさんのご人徳や、森林の癒しを感じさせていただいたことによるものだと思いました。

まとめ

以上、「森林療法セルフケア☆リトリートin富士山静養園 森と自分の調和について考える2日間」のレポートでした。

山本先生からも、「ケアする人も、ちゃんと自分を癒さなければいけない」というお話しがありましたが、それを実践でき、魂の満たされる旅でした。参加者の方も、最終日思わず「余は満足じゃ」と口について出る方も(笑)

山本先生のお話しなども、もっと詳細に書きたいところですが、長くなってしまいましたので、別の機会にしようと思います。

しばらく、旅の余韻が続いており、やっとこの記事が書けました。この記事を読んでくださった方も、ぜひ、飯田みゆきさんの森林療法やセミナーを体験してみてくださいね。

ちょっと遠いかな、という方は、全国にも、森林療法が体験できるスポットがありますよ。お近くのスポットを検索してみてはいかがでしょうか?

きっと、今までにない癒しの体験ができると思います。

Related Entry

呼吸で心とカラダを整える

ヨーガ療法でカラダとつながる

ドラマ「ハケン占い師アタル」あなたを見ます