整体的身体の整え方(初夏・梅雨の時期)

先日、整体を習ってきました。
日本オーガニックレストラン協会(JORA)代表のKIYOさんこと
南清貴さんは、以前経営されていた、大人気オーガニックレストランや

今のオーガニックレストラン協会を立ち上げる前は、
整体師さんで、野口整体をベースにしたオリジナルの整体を
施術されていたそう。


初夏・梅雨の整体的過ごし方・セルフケア方法

今回は、そのKIYOさんから、初夏・梅雨の整体的な過ごし方や、
セルフケア方法を学びました。

食べすぎに注意

初夏・梅雨の時期は、「減食」と言って、
自然と食欲が落ちる季節なんだそうです。
確かに、最近私もあまり食べたくないような・・・。
そんなときは、無理に食べない方が良く、
バランスは保ちつつ、食事の全体量を減らすのが良い
そうですよ。
そういえば、息子の小学校でも、
胃腸風邪が流行っているらしいです。
胃腸に負担がかかる季節なのかな。
食べすぎてしまったときは、肝臓に負担が
かかるため、肝臓に「愉気(ゆき)」をしたり、
「こんにゃくで温湿布」したりすると良いんです。

愉気とは

愉気とは、「気」を集注することによって、
体の中の働きを高め、元気を呼び覚ます方法
のこと。
お母さんが、子どもが痛がるところに、手を当てる
のに近いと言ったら、分かりやすいでしょうか。
とはいえ、現代人は「気」と言われてもピンと
こないと思います。
それを訓練するのが「合掌行気法(がっしょうぎょうきほう)」。
これ、やってみたら、自分の手と手の間に、
磁力のようなものを感じて、びっくり( ゚Д゚)しました。
面白いですよ~。
子どもにも伝えたら、早速やっていて
面白かったらしく、何度も試していました。
詳しく聞きたかったら、お会いしたとき、声かけてくださいね。

 汗をかいたらふき取る

その他、「汗の内攻(ないこう)」といって、汗をかいた後、
身体を冷やすと、呼吸器にダメージを
与えてしまうので、気を付けましょうというお話も
ありました。
確かに、風邪ひいてせきが長引いていた人の話を
聞いたなぁと納得。
この場合は、胸椎5番(胸の辺りの背骨のこと)が
飛び出してきてしまうそうで、
そこを愉気すると良いそうです。
胸椎5番は、肩甲骨の一番下のラインを真直ぐのばした
ところにあるのが、7番と8番の間なので、
そのまま上に骨のとがったところを指でたどりながら
7番・6番・5番!
と探します。
 
帰ってから、子どもの胸椎5番を探したり、
肉がついてないから、分かりやすかった(笑)
ついでに愉気して、ちょっとした
にわか整体師気分でした。

 

写真は、帰宅後子どもがやっていたBenesseの「チャレンジ」が
ちょうど骨と筋肉の話で、「今日ママここの骨の話聞いてきたんだよ~」
と、一人で萌え、テキストを激写したもの。
変な母でした。
また、はまってしまいそう。
学ぶって楽しい♡
色々忙しいです(笑)
それでは、食べすぎ、汗をかいたらふき取ること
に気を付けて、健やかにお過ごしください。

Related Entry

出演ラジオの内容を公開します

忙しくて手の込んだものは作れない