子どもを早く寝かしつけたいときにおすすめの絵本

ハッピーライフセラピスト片山裕子です。

子どもって、親が「早く寝てほしい」

って思っているときに限って、

なかなか寝ない生き物ですよね(笑)

 

親の焦りが、子に伝わる。

良くある話です。

 

私は早々に諦めて、子どもと一緒に

早く寝て、自分は早く起きてお一人様時間に

当てる道を選びました。

 

健康に良くて、静かな朝活時間、とっても気に入っています。

 

ただし、のめり込みすぎて、子どもを起こすのが

ついつい遅くなってしまう、ダメ母(笑)

 

良い子のみなさんは、マネをしないように。

 

それはさておき、なんとも悩ましい

「寝かしつけ問題」。

その解決策になりそうな、とっても良い絵本を

見つけてきましたよ!

 

『おやすみロジャー』
カール=ヨハン・エリーン
飛鳥新社

 

繰り返しの言葉が多くて

また、お話にお子さんの名前が

入れられるようになっていたり

読むスピードやあくびをするようにと

指示があったり、

 

眠たくなった時に感じるような生理現象

例えば手が暖かくなるとか

体が重たくなるとか

そんなことが文中に出てきます。

これはすごい!!

 

むしろ私だったら、眠たくなりすぎちゃって

全部読みきれないかも。

 

もう一度起きて、あれしたいこれしたいという日

には不向きかもしれませんが、

最高に眠れそうな絵本です。

 

不眠に悩んでる方にも、おすすめ。

 

それもそのはず、この絵本の著者である、

カール=ヨハン・エリーンさんは、行動科学者。

心理学や行動科学の知識を

生かし、読んだ人がすぐに眠たくなってくるように

書いたというから、これは本物。

 

お子さまとの、リラックスタイムに

ぜひお試しになってはいかがでしょうか。

 

も~!早く寝てよっ!!

ていうイライラから解放されるかもしれません。

Related Entry

子育てと仕事の両立で罪悪感を感じる気持ちをバッチフラワーレメ...

自然の中で育む子どもの成長と親子の大切な時間

自分の子どもがLGBTだったらどうしますか?

朝子どもが起きない

Don't 般若 Me

どうしてうちの子ってこうなの?と悩んだら