ついイライラして怒ってばかり・・・どうしたらいいの?

本当は怒りたくないのに・・・

ハッピーライフセラピスト片山裕子です。

 

あなたはイライラしてしまうこと、ありますか?

私は、ずいぶん少なくなりましたが、まだ修行中の身、ごくたまにあります。

でも、感情というのは、本当は工夫すれば、自分自身で選んでいけるものなのです。

 

怒りの感情について

「怒り」の感情は、自分より弱いものに向きやすいです。

弱い者が自分に従わないときに怒りを感じ、さらに、怒りで言うことを聞かそうとしてしまうのですね。

  • 男性なら女性へ
  • 上司なら部下へ

だから、あなたがママさんであれば、自然とその矛先は、家庭では、お子さんへと向いてしまいます。

 

私がかつてこれを知ったとき、自分自身を「怖い」と思いました。

自分の満たされない思いを、子どもをはけ口にして発散しているわけですから。

そして、怒って怒鳴った後は、発散したはずなのに、なんとも言えず、気分が悪い。

 

だから、冷静に「叱る」のはいいけれど、「感情的に怒りをぶつける」のは、子どものためにも、自分のためにも、もうやめようと誓ったのです。

 

賢明なあなたも、本当は怒りたくないと思っているのですよね。

だから、イラっと怒ってしまった後に、罪悪感を覚える方が多いようです。

「怒って罪悪感」を繰り返していると、ご自身が本当に苦しいですね。

 

そういった相談を受けることが、本当に多いです。

あなただけじゃない、みんな苦しんでいます。

 

イラっとしたときがチャンス

実は、イラっとしてしまった、そんなときにこそ、次にイライラしないためのチャンスが転がっています。

どういうことか、今日はお話してみたいと思います。

自分の中の勝手な決め事「イラっとポイント」に気づく

ママさんごとに、イライラするポイントというのがあると思います。

例えば、分かりやすいように、私自身の例でお話しましょう。

私はかつて、子どものためを思って「子どもには、健康的な食事をしてほしい」という強い思いがありました。

だから、スナック菓子とか、白砂糖を使っているようなものは極力避けていました。

当然、野菜も食べてほしい。でも、子どもは野菜を食べたがらない。

 

〇〇は食べてほしい

〇〇は食べてほしくない

 

などと、子どもに自分の気持ちを押し付けて、子どもが言うことを聞かないと、勝手にイライラしていたのですね。

今思えば、子どもだって一人の独立した個ですから、ママが進めたものが食べたくないとか、消化が進んでいなくて、食べたくないときだって、あって当たり前だと思うのです。

 

もちろん質の良い食事をすることは、子どもの成長のために、とても大切な事です。

それより、もっと肝心なことは、もっと食事を楽しく取り、食事の楽しさを教えるということでした。

私は、自分の了見の狭さで、子どもと自分を苦しめていたのです。

 

つまり、ここで私が言いたかったことは、私は、「子どもには、健康的な食事をしてほしい」という、自分で決めた枠組みに、自分で振り回されて、怒りを感じていた、ということです。

イラっとポイントはどこ?

この怒りを感じるポイントを、「イラっとポイント」と呼ぶことにします。

このイラっとポイントは、お母さんごとに違っていると思います。

例えば

  • 早寝早起きしなければならない
  • ご飯は一粒残らず食べなければならない
  • 宿題をやってからでないと遊びにいってはいけない
  • 親の言うことを良く聞かなければならない
  • 目上の人には感じよく挨拶をしなければならない

もう、日々の生活のありとあらゆることで、色々とあると思います。

「ねば」「べき」を見つける

気づくときのポイントは、「ねばならない」「するべき」という表現になっているかどうか、です。

それが、あなたを苦しめる「イラっとポイント」=「考え方の癖」なのです。

イラっとしたら「イラっとポイント」を確認する

イラっとしたら、今、自分がどういう点に、イラっとしたのかを、冷静に分析してみる。

「ねば」「べき」がないか、確認してみます。

怒りの感情を分解するのですね。

分解しようとしているうちに、多分、イライラの感情は収まってくるのではないかと思います。

まとめ

あなたの「イラっとポイント」、思い当たるところはありましたか?

おめでとうございます。

「イラっとポイント」に気づけたら、もう、ずいぶん楽になれる可能性を秘めています。

自分にもやさしく

「ねば」、「べき」があると、相手の「ねば」「べき」と重ならないときに、衝突が起こります。

だから、まずは、この「ねば」「べき」の「イラっとポイント」に気づき、できるかぎり枠を外していくことが大切なのです。

これは、同僚・上司・部下・友人・パパに対しても同じです。

 

そして、人に許可できないことは、自分自身にも、許可できていないこと、なんですよ。

たまにはちょっと、自分にも、甘くしてあげてもいいのではないでしょうか?

 

だんだん思い込みをはずして、おおらかになっていけると、あなた自身が生きていくことも楽になってきますよ。

 

この記事の感想や、あなたが気づいた「イラっとポイント」などありましたら、ぜひ教えてくださいね。こちらに入力すると、わたしだけに届きます。

 

Related Entry

自分の子どもがLGBTだったらどうしますか?

朝子どもが起きない

自然の中で育む子どもの成長と親子の大切な時間

子育てと仕事の両立で罪悪感を感じる気持ちをバッチフラワーレメ...

親子講座【子連れOK☆天然素材のハンドクリーム】

兄弟げんかにうんざり。親はどう対応したらいい?