自分の子どもがLGBTだったらどうしますか?

LGBTってご存知でしょうか?

最近、NHKなどでも特集していたので、ご存知の方もいらっしゃるでしょうか。

 

「私の周りには、LGBTの人なんていないから、関係ないよ」

と思われた方は、お近くの誰かを、悪意無く傷つけてしまっているかも

しれません。

 

今日は、最近LGBTの講座に参加しましたので、そこで学んだことのシェアを

したいと思います。

LGBTとは何か?

  • L レズビアン
  • G ゲイ
  • B バイセクシュアル
  • T トランスジェンダー

の4つの頭文字をとった、セクシャルマイノリティの総称の一つです。

他にも、様々なセクシュアリティ(性のあり方)があります。

  • からだの性(生物学的性)
  • こころの性(性自認)自分の性別をどう思っているか
  • 好きになる性(性的指向)どの性を好きになるか
  • 表現する性(性表現)社会的性。一人称や服装等

様々な方がいて、見た目だけでは、セクシュアリティが全く分からないのです。

LGBTの方の割合は13人に一人。

これは、

  • 左利きの人
  • AB型の人
  • 6大名字の人

の人口と同じくらいだそうです。

結構多くいらっしゃるんだ、という感じがしませんか?

いないのではなく、「見えない」

つまり、セクシャルマイノリティの方は、見た目だけで判断がつかないけれど、

あなたのお近くに、いらっしゃるということです。

傷つけないために気を付けたいこと

例えば、「彼女いないの?」

などという、軽い言葉ですら、傷つく方がいるということを覚えておきたい。

その方のセクシュアリティが、女性を好きになるかどうかは、

見ただけでは判断できないからです。

なので、

×「彼氏(彼女)いますか?」

〇「好きな人いますか?」

と言い換えるなど。

 

ただし、中には、自分が男性か女性か、ということも分からず、悩まれている

方もいるそうなので、そもそも好きな人ができないことに悩まれている可能性も

あります。

だから、そもそもそういう話題を出さない方が良いのかもしれません。

 

本当に、知らないということは、怖い。

 

他にも、

  • 男だから、女だから
  • 女(男)の好きな食べ物は…
  • ランドセルなどの色分け
  • 制服(男女で分かれている)
  • 全校集会の男女で分かれて整列
  • 成人式の服装
  • 修学旅行のお風呂

などなど、男女で分かれていることで、生きづらさ・苦労を抱えている方

の体験談もうかがいました。

 

あなたのお子様が、もし性的なマイノリティだったとしたら、

知らずに傷つけていることがあるかもしれませんし、

知らず知らず、「男は」「女は」という偏見を植え付けていることが

あるかもしれません。

 

傷つけないためには、「気づいていないだけで、いるんだ」という

意識を常に持って、周囲の方へ接する訓練が大切だそうです。

LGBTももう古い?!

最近では、SOGI(ソジ)という言葉もできているそうです。

Sexual Orientation & Gender Identity(性的指向と性自認)

LGBTの当事者かどうかではなく、だれもが性的指向と性自認に

おいては、当事者だということです。

性別は、グラデーション。

つまり、私たち一人ひとりが、色々な個性を持った一人の人間だという

ことですね。

カミングアウトされたら

さて、LGBTの方を応援しているよという印で、

このパズルのマークをいただきました。

LGBTの理解者のことを、ALLY(アライ)と言います。でも、いざカミングアウトされたら、どうしたらいいのか、困ってしまうかも。

そんなとき、どうしたら当事者の方が嬉しいのかも、教えていただきました。

  • 自分に話してくれたことに感謝を伝える
  • 何に困っているかを聞く
  • 第3者にカミングアウトしてくれた人が、当事者であるということを伝えない

大切なのは人柄

男か、女か、と分けることってそんなに大切ではない。

何でもそうだと思うのですが、AとBに分けた瞬間に、

差別や偏見が生まれると思います。

 

大切なのは、今ここにいる「〇〇さん」その人。

「〇〇さん」が、男だから、女だから友達になった、というわけでは

ないと思うのです。

 

そして、あなたのお子様もそう。

  • 男の子なのに、女々しい
  • 女の子なのに、やんちゃ
  • 男の子なのに、ピンクが好き
  • 女の子なのに、喧嘩っ早い

色々、あると思うし、あれこれ周りも言うかもしれないけれど、

我が子のそのまま、ありのままを受け入れ、愛せる親でありたいですね。

 

LGBTということを、親にも言えず、ずっと悩む方が多いそうです。

中には、親に受け入れられなかったことで、気に病み、自殺に至る方も。

 

いつか、お子様が、LGBTを告白してくれたとき、

なんの動揺もなく、受け入れてあげられるような親が増えるといいなと

思って、この記事を書きました。

 

長文となりましたが、お付き合いいただき、ありがとうございます。

感じるところがありましたら、ぜひコメントください。

そして、学んだことを、次の方へシェアしていただけたら、と思います。

Related Entry

親子講座【子連れOK☆天然素材のハンドクリーム】

どうしてうちの子ってこうなの?と悩んだら

子どもを早く寝かしつけたいときにおすすめの絵本

子育てと仕事の両立で罪悪感を感じる気持ちをバッチフラワーレメ...

ついイライラして怒ってばかり・・・どうしたらいいの?

自然の中で育む子どもの成長と親子の大切な時間