時短!フルタイムママでも丁寧な朝ごはん

今日は、時短お料理のシェアをしますね。

今朝は、煮干し出汁と椎茸だしをブレンドして、お味噌汁を作りました。

具は、厚揚げと椎茸、ネギをちらして。

(ちなみに、厚揚げやネギは、前日の夜に余っていたものや冷凍してあったものです。)

 

「えっ、朝からそんなの無理!」

って思いましたか?

そうでしょ~、かつての私もそうでした。

それが、だしのストックをしておくと、簡単に

丁寧な食事が作れるということに気づいたのです。

添加物をなるべく体に入れたくない

あなたはお味噌汁を作るとき、どうしてますか?

・顆粒の出汁、入れてる?

・だし入りのお味噌使ってる?

・朝ならインスタント味噌汁?

 

あえて、ここでは詳細は語りませんが、

実は、その「だし」の中には、添加物が入っていて、

摂りすぎは体に良くない、ということを、

賢明なあなたなら、すでにお気づきのことと思います。

 

でも、いざ自分で作るとなると、

「だし取るとか無理」

「(添加物もなく)体に良いらしいけど、どうやっていいか分からない」

となりませんか?

 

今日は、そんなあなたに、超お手軽にできる「だしの取り方」をお伝えします。

時短・簡単・楽ちん♪だしの取り方

だしのストックがあるって良いです。

しかも意外と簡単に取れるのも、嬉しい。

なんで今までやらなかったんだろう?というくらい。

もったいつけずに、早く教えてよって感じですね。

それでは行きます。

椎茸だしの取り方

干し椎茸を水に浸し、冷蔵庫に一晩入れておく。

これだけ。

【材料の目安】

干し椎茸 20g

水    500ml

ジャムの空き瓶などに入れておいても良いし、

濃い目に作っておいて、使うとき薄めてもOK。

だし取り後の食べ方・保存方法

だし取り後の椎茸は、

・炊き込みご飯の具

・お味噌汁の具

・炒め物

などにすると、出し殻とはいえ、十分に美味しくいただけます。

 

スライス状のものを使えば、材料を切る手間も省けますね。

また、取っただしは、ペットボトル等に入れて、

・冷蔵保存

・製氷皿に入れて冷凍保存

しておいても便利。

 

だしの旨味がちょっと足らないなってとき、

こうして取っておいた出汁をブレンドすれば、簡単に好みの

味を作ることができます。

 

それぞれの旨味成分が足し算され、厚みのある味わいになります。

例えば、同様に水に一晩浸しておいた、昆布水などと合わせれば、

・昆布のグルタミン酸

・干し椎茸のグアニル酸

の相乗効果を味わえるでしょう。

 

夜ちょっとひと手間かけておくだけで、

朝からインスタントでないお味噌汁がいただける。

贅沢この上ない体験、あなたもぜひお試しください。

子どもも喜ぶ味

ちなみに、最初は嫌がっていた次男くん。

ちびっと味見したら、

「美味しい」と抱えて飲み干してくれました。

味の濃いインスタントじゃなくても、ちゃんと子供は

喜んでくれるものですよ。

子どものうちから、本物の出汁の味、覚えさせてあげたいものですね。

Related Entry

忙しくて手の込んだものは作れない